カテゴリ:バス関連( 1 )
祖父と釣り①

「魚が口開けて待っとぉる~♪」

今は亡き祖父が,大好きな釣りに行ける前日~ポイントに着くまでの口癖ですた。

何だかんだで本当に生活面で助けてくれた祖父を,辛うじて車を買って釣りに連れて行ける年代ですた。

何とか釣らせてあげたい,と無い知恵と必死の情報集めであちこち一緒に行き,そんな心配?を他所に釣れぬワタスを尻目に,何時も楽々と大漁を勝ち取る名手ですた(・∀・;)

そのぼんぼん釣る様は、正に冒頭の言葉通りですた(゚゚;)お陰でワタスも直伝で仕込まれますた。

元来は狩猟をやってたそですが,先に他界した祖母が、撃たれた親鳥の周囲を若鳥が旋回する様を見て遺言したそで。

「後生だで”まばたき”するモンを殺生せんといてちょぉ」

-以来"戦争ではカービン銃で1km先のマッチ棒の先でも撃ち落した"とかの腕前をパタリと封印したそで。
※実際は一時祖母は持ち直し、祖父は単に無趣味になっただけらしー(爆)

その後、彼、祖父の頭はフル回転したかと。考えに考え抜いた末、それこそオツムの上にピカリ!とランプが光ったのではないか、と!(゚゚;)

そうだ!-「釣りなら、魚なら"まばたき"せんぞ!」

勝ちどきを挙げたでしょうか、おじーちゃんヽ(・∀・)ノ

その祖父が他界,ワタスは平静を装ってもとても釣りに行く気になりませんですた(´Д`;)

毎週釣りに行ってたのに、パタリと竿に触れもしないわたすを見て、当時彼女の今のかーちゃんが

「半年以上も釣り行ってないよ?平気なん?」

と怪訝な顔して聞いてますた。

ようやく再開しても、遠出してエサ代だの投下して-釣りの師匠?目的?亡き後のワタスは疲労困憊の末に、ようやく掌サイズの木っ端グレやメバル程度しか釣れなくなてますた(´Д`;)
-続


[PR]
by celebes-japan | 2005-10-01 02:25 | バス関連