<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
夜の訪問者?【Fin】
春の深夜に突如逃げ込んで来た一羽のカラス。

傷が治っても出て行かず、日がなわたすの周囲に付いて回って。あたかもそれが自分の任務の様に・・
何やら引越しばっかで不安なのと、一人で居る事が多いわたすには、兄弟が出来たも同然の日々です(・∀・)

歳が近くて一緒に遊べる、一番近い友達の家まで4Kmあります('A`)
自ずと一人で遊ぶしかない訳で(´・ω・`)隣には何時も「相棒」が出来ました(・∀・)

自然の中で「スイスイ」かじりに行ったり
桃の枝に新聞紙を被せたり
野池でおたまじゃくしをバケツ一杯穫ったらすぐまた全部逃がしたり
巨大ガマガエル捕まえて、頭の上にマジックでマーク付けたり
蛇を丸結びしようとして追掛けられたり
多くの虫穫りに夢中になり、特大クワガタ捜索隊にワクテカしたり
農業用水の水路で河童のよっちゃん先輩よろしく「たゆたう流されて」しこたま怒られたり
携帯燃料の一斗缶に直接火を点けたら綺麗かな、と点火して爆発して
カラス共々吹き飛ばされて気絶して、納屋に閉じ込められたり(その時も納屋の外にはカラスがじっと待ってます)

年がら年中自然相手に遊んで貰い、その中に一羽のカラスがずっとずーっと付いて回ってくれました。

「次郎柿防衛隊」の戦闘時やお見送りの時以外、翔ばず鳴かず、ただひたすらぴょんぴょんぴょんぴょん跳んで付いて来ました。

ところがまた家の事情で、わたすが小学校に入る時期もあり、また市内へ引っ越す事に決まりますたΣ(゚Д゚;)

最初は不便で怖くて寂しかった田舎暮らしに馴染み始めた頃だったので、やだなぁとは思いますたが。

「学校」へ行くと友達が出来て楽しそうなのと、相棒のカラスが居てくれたら何とかなるかぁと思いますた。




引越し-と言っても軽トラックで充分なささやなか荷物を積む朝。




カラスが居ませんΣ(゚Д゚;)




昨夜も最後の五右衛門風呂のお迎えにも居ました。特段変った様子も無く、例の「宝の山」もそのまま。
何時も片時も離れなかったカラスが、朝早くから何処にも居ませんΣ(゚Д゚;)

青ざめて探す事もなく、わたすは「あいつなら、ひょっとして後から何処に居るか分るかなぁ」と、それまでずっとずーっと傍に居たので、特段不安にも思わず、軽トラックに乗り込みますた。今生の別れになろうとは(´・ω・`)

道中、ずっとずっと空を見てますた。

オサーンになってからもカラスが居ると「あいつかな?」と歩を停めてしまうおいらが来ましたよ(;´・`)

お粗末m(_ _)m -完-
[PR]
by celebes-japan | 2006-04-21 14:36 | Introduce
夜の訪問者?【2】
春の深夜の喧噪が嘘だったかの様に、漆黒の夜はぬるりと過ぎ、辺りが明るくなり出した頃、そそくさと起き出したわたすはスーパー万能捕獲器「タライ」の前で、その瞬間を待ちますた。


  ∧_∧
 (; ・∀・) ドキドキ・・・
 ( ∪ ∪
 と__)__)


おふくろがやって来て、遂に中の「訪問者(爆)」とご対面の時が(゚゚;)

手にはホウキだの納屋から持って来たクワだのを持ち、勝手に出てけ!と玄関も開け、
遂に意を決し、いざオープン!(゚゚;)





そこにはキョトンとした、間抜けな顔した一羽のカラスが (・∀・;)(・∀・;)





ボーッとこっちを見てます・・(・∀・;)

な、なんだ、カラスかぁぁぁ(´Д`;)(´Д`;)へぇぇぇぇぇ・・

早く行きな、突っつかれてもかなわん、と思って見てますと、周囲をキョロキョロ見たかと思うと、
ピョン!
と低い土間から飛び上がり、こっちにやって来ますΣ(゚Д゚;)うわわわっ!?ななななな!?

で、出て行きません(゚゚;)・・あ?怪我してます(゚゚;)

どうやら暗闇でうっかり地面に降りたか落ちたか、野犬にでも追われて逃げて来た模様です(´・ω・`)

カ、カラスゥ?・・と、取り敢ず猫や犬は飼い慣れてたおふくろに赤チンを塗って貰い
・・・大人しい(´・ω・`)

暴れるどころか、鳴きも騒ぎもせず、猫より冷静に傷の手当てもじっとしてます・・(゚゚;)なんなんだ。


結局そのカラスは、以来、ずっと家に住着くと言いますか、何故かわたすの後をずっと付いて回ります工エエェェ(´д`)ェェエエ工

田舎のWCは、大概一旦屋外に出た離れにあります。生家ならともかく、名古屋の市内から焼夷弾跡も生々しい超田舎に来ただけでもおとろしいのに。

まして未体験の漆黒の闇の中でスイッチ探しがならWCへ行くのは当時のわたすには地獄_| ̄|○

ところが・・昼夜を問わず、わたすがWCへ行くと夜なら灯りの点く所まで、昼なら扉の前まで、ぴょんぴょん付いて来ます(・∀・)

別の離れにある、五右衛門風呂に行く時も同じく怖かったのですが。
やぱり付いて来て、出てくるまでカマドの近所で待ってます(・∀・)

わたすが出て来るまで、じーっとじーっと待ってます。中からこっそり見ても何時までも待っててくれます(・∀・)

以来、風呂もWCも、全然怖くなくなりました(・∀・)~♪

当時猫を飼ってましたが、それはもう猫に対してだけは気の毒な位、気を使いながら、遠く離れます。

食事の時も本当に大人しく、何か貰えるまでじーっと待ってます。TVの上やタンスの上で。

農家ですから野菜の残飯は豊富。綺麗に美味しく頂いてます。

中でも当時、わたすでも滅多に食べられなかった明治の板チョコとスルメをお裾分けしてやる時は、真っ黒で長いまつげの目を更にまん丸にして●▽●ぴょんぴょん飛んで来るので、「あ、嬉しいのか」と分りました。

当時、子供や幼児用の「虫下し板チョコもどき」ってのがありました(知ってる人だけ分るけど・・歳も分る:笑)お菓子も決して容易に与えられなかったので、珍しいのですが・・マズかった('A`)

こいつも食うかな?とあげると・・後で仲良く「虫下し」(爆)お食事中の方、ごめんなさいm(_ _)m

そうしてずっと昔から飼ってたみたいに、日中保育園から帰ると夕方まで野中の一軒家で一人で留守番してたわたすに、それはもう片時も離れず、何時も何時も付いて回ってくれました。

下の世話をした事がありません。一度だけタンスの上で爆弾落した時、おふくろにしこたま「説教」されてますた(笑)

その時、人間みたいに黙ってうつむいて怒られてるのが印象的で(・∀・;)
その後は外へ行って用を足してまた当然の様に家の中に帰って来ます。

わたすが保育園へ行くと、家の前の木の上で見送ってくれます。帰って来る時も、「必ず」その木の枝の上で待ってます。
送迎の保母さんは何時もわたすが空を見ながら?帰るのが不思議だったそうです。

全部嘘みたいですが妄想じゃありません(爆)

ある日、栓抜きが見当たらない、お袋の裁縫用の指抜きが無い、知らない?と無くなる物が増えますた。

わたすは、ふと金色のメンコや醤油のビンの王冠蓋を嬉しそうに奴がくわえてタンスの上に持って行くのを見た事があったので、隙を見て椅子を持って行きタンスの上を見ました。

・・するとそこには「光り物」がたくさん集めてあります、宝の山(笑)当然、大事な物だけ没収(爆)

やがて実りの秋が来てもカラスは何時もわたすの傍に居ます。白黒TVでエイトマンを観てる時も、着替える時も、ネギを植えるのを手伝いに(邪魔しに)行く時も、小さな池の傍にあるイチジクを穫りに行く時も、何時も傍に居ます。

片時も離れず、寝る時もタンスの上の所定位置に居ます。

休みの日は朝から付いて回ります。

辺りはぼちぼち次郎柿が熟し始めます。カラスは天敵の季節がやって参りました。

んが。

奴は一向に自分ちの柿を食べようとしません(・∀・;)それどころか、他のカラスが高い枝の、丁度食べ頃!って柿を狙いにやって来ると-小型戦闘機の様に無音で飛んでって、怒ります。今から思えばクチボソで小型でしたが、木の下から不意に突っ突くので、相手は大概反撃せずに「ガーガー」罵りながら逃げますた(゚∀゚)奴が鳴く事はそれ以外に聞いた覚えがありません。

その無口なカラスは、わたすが食べてる柿をあげると喜んで食べるのですが。精一杯の奴の誠意なのか恩返しのつもりなのか・・ずっとこゆ日々が続けば良いなと思ったのですが-続
[PR]
by celebes-japan | 2006-04-21 06:36 | Introduce
夜の訪問者?【1】
またもヘボいゴルフと無関係のチラ裏('A`)流れまくるバッチ処理の中、気持を人間に戻そ・・(゚∀゚)アヒャ

家に帰ると、老犬の老いが益々キツくなって来ますた・・長くないかなぁ('A`)

そんな中、ふと思い出したのですた。

昔、保育園の頃、一時すんごい田舎に住んでますた。
道路を隔てた向いの山の中には鹿の足跡を筆頭に、色んな野生動物が居て。

地面のあちこちに大きな凹みがありました。かくれんぼや基地ごっこや色んな遊びに万能で重宝してますた(・∀・)

祖父に何でこんな穴があるのかと聞くと、遠くを見ながら「焼夷弾の跡」 Σ(゚Д゚;);)
色んな思いをさせたんだろなぁ・・ごめんよぅ(--;

何せヘンピで。一番近い駅は通称「ジーゼル」(ディーゼル単線汽車)だけ、店に至っては町に出ないといわゆる「よろず屋」さんしか無くて。これもまた遠い('A`)

御存知の方はあの石鹸粉もお菓子も僅かな玩具も金網もアース噴霧器もごっちゃに置いた店の匂いは何とも面白くて(^^;

小さな橋からわたすが落ちて頭を怪我した時も(こん時にゴルフ脳壊れたかなぁ('A`))救急車なんてハイカラなモノはございません(・∀・;)
森林組合のジープに乗せられ、一番近い病院に運ばれますた('A`)そんなドが付く辺境な地。

ある夜、おふくろと2人きりで住む、田舎の農家まんまの祖父の家の玄関で、
ドスン!!バタン!!」と玄関の戸を強くノックする様な、何かがぶつかる音が深夜の超静寂の中、散発的に響きますΣ(゚Д゚;)Σ(゚Д゚;)

ドスン!バタン!(゚゚;)・・・バタン!ガタン!((((゚゚;)(゚゚;)

泥棒か!?」おふくろは猫を抱いて不安そうに言いますΣ(゚Д゚;)

今ならワクテカで静かに拳をメキッとか鳴らすかもしれませんが(^^;

流石に四歳のわたすは
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル・・・・ん?(゚゚;)

泥棒にしてはどうも騒々しくて、ぶきっちょ過ぎて、散発に騒々しい(゚゚;)

何かがぶつかる様な音?・・

ややあって、勇気を振り絞ったおふくろが、大きなタライを持って来て、これを被せる!と言います。

何の刺激も無い環境ですから、もう開き直り(^^;

せーの!で開けた扉から、何やら黒い塊が飛込んで来ます!
ドサバサッ!Σ(゚Д゚;)Σ(゚Д゚;)

うわわうわわわわわわわわわ!!!?

でぇい!と被せたタライの中に、何かが居ます・・ガサゴソ・・(゚゚;)
人間や獣なら跳ね除けられるんでしょうが・・ガサゴソ・・(??;な、なんだなんなんだ・・(大汗)

怖々見た外にはもう何も居ません(゚゚;)・・・

暫く様子を見てたのですが、急に静かになって(゚゚;)・・

じゃ、じゃぁ明るくなってから中開けよう、と漬け物石や何かを上に載せて・・何時の間にかわたすもおふくろも寝てしまいますた(゚゚;) -続
[PR]
by celebes-japan | 2006-04-15 03:00 | Introduce
老犬
出張帰りの車中a0008578_134754.gifでふ。今日は長寿のわんこが居る方に、と(^^;

うちのわんこは13歳、秋田犬は何でも「全国一律12年」が寿命とか(´Д`;)
「会うは別離の始めなり」ではないですが、末っ子が成年になるかな?位まで生きてくれたら、と飼い始めますた。

最初は画像の様に犬だかレッサーパンダだか分んない奴ですた(笑)

家族にとってはまだまだ元気ではしゃいで居た頃と同じ様に居て欲しい、と願いますが・・13歳、一説では人間の1年が最初の5年は7歳に相当、その後は8歳とか(゚゚;)て事は・・91歳前後(゚゚;)

病院にも1度「虫」で行っただけで、本当に元気で来てくれますた。
奴への思いはまたにして(^^;


○最近めっきり腰や後ろ足が踏ん張れず、立上がれずキュンキュン鳴いて。
○耳がめっきり遠い。(鼻は最後に鈍くなるそで。)
○食欲激減、水ばっか飲む。だもんでどんどん痩せてく。

こうなると医者!と思うのが常ですが、奴の実家である秋田犬保存協会の会長さんによりますと、
「名医でも言う事は同じ、年齢を聞けば後は後生をゆっくり見守ってやんなさい、延命措置的に点滴はするが、天寿だよ、人間は「元の通り元気に!」と切望する気持は分るが・・仕方ないんだよ。」

せめて余生を優しく、風邪引かない様に温かくしてやりながら、散歩も行ける間はゆっくり々
牛歩の様に(^^;残りの時間を共有してやるのが最高の対応かと思いますた。

こいつと一緒に過して、昔から何度か読んだ「忠犬 ハチ公」のお話-誰もが忠犬ぶりと
「可哀想」的悲哀物語としがちですが、わたすはそうは思わなくなりますた(^^ゞ

和犬は洋犬と違い、「一人の主人」だけを生涯インプットします。
なので集団で飼うのに的さないんでしょね。そです、「一人だけ」。

もし当時、亡きご主人を待ち続けるハチ公が「可哀想」と言われたら・・きっと彼は言うでしょう。

「へ?何で?おらはご主人さ待ってるだけなんだな。待つご主人が居るから幸せなんだな。
へ?もうご主人さは帰って来ない?はぁ、それでもおらは自分が生きてる間は、こやって
待つ事が仕事なんだな、うん。だでおらは仕事してるだけだぁよ。ずっと仕事するだ。
これはおらとご主人さとの約束なんだな。
だでちゃんと仕事さ終えたら、またご主人さの傍さ行くだぁよ、待たせてなんねし。おら忙しいだ。」

某巨大掲示板にもすげい人が居て。

「何でペット達が(人間・飼主より)早く死ぬか知ってるか?ご主人が後から来た時に
寂しくない様に、先に逝って待ってんだ」・・こんな名言を残すあなたは偉い!。・゚・(ノД`)・゚・。

で、これだけだと余りに切なし(^^;弱った老犬にしてやれる事。

○食欲が無くなったから、と生肉とかこれまでと一変した食事はだめぽです。
 逆に下痢したり耳ダレしたり、ジンマシンが出たりする事があるので、これまでのエサを
 食べなくなったら-
 ☆ペットショップで売ってる「シニア」用ドッグフードだったら食べたりします。
   中でも動物性脂肪の低い、トリベースが良いかと。気持ちだけでもコンドロイチン入り。
   銘柄等は宣伝乙だといけないので控えます(^^;

○保温を考えてやって下さい。秋田は特に「熊狩り犬」で寒さにも強いですが、それは若い間(^^;

○散歩はどんどん距離を短くして、町内一周でも良いので、ゆっくり付合ってやりましょ。

○衰弱して来たなぁと思われた場合、お医者さんで点滴って手もありますが、市販の人間用
 ビタミン剤とブドウ糖が主成分だったりするので、ビタミン剤を飲ませてやれば、
 また少し元気を取戻す場合があります。うちは結構効いたおかんミ^・_・^ミ
[PR]
by celebes-japan | 2006-04-11 14:34 | Introduce